1. 浜の町病院ホーム
  2. 部門のご案内
  3. 薬剤部
  4. お薬に関するQ&A

お薬に関するQ&A

Q1. お薬の袋に「食後に服用」と書いてありました。この場合、具体的にいつ服用したらいいのでしょうか?

A1.

「食後」とは、食事をして30分以内を指します。なお、他にも以下のようなものがあります。

食前 食事をする30分前くらい
食直前 食事をする直前
食直後 食事をした直後
食後 食事をして30分以内
食間 食事をして2時間後くらい(「食事中」という意味ではありません!)
寝る前 寝る30分くらい前
時間毎 指定された時間毎に、食事に関係なく服用

Q2. 「頓服(とんぷく)薬」とはどういう意味ですか?

A2.

「症状があるときに飲むお薬」という意味です。例えば、熱が出た時に服用するように指示された解熱剤などがそうです。他に鎮痛剤、下剤、睡眠導入剤などがよく頓服薬として用いられます。

Q3. お薬を噛んで服用してもいいですか?

A3.

錠剤やカプセル剤の中には、効果を長く持続させたりする為、お薬の外側部分に特別な加工がされているものがあります。そのようなお薬の場合、噛んでしまうとその加工が壊れてしまいますので、医師の指示がある場合以外は噛んだり開けたりしないでそのまま服用して下さい。

Q4. お薬はどのように保管すればいいですか?

A4.

お薬は変質しやすいので、湿気、高温、日光を避けて保管してください。
また、お薬の種類によっては冷蔵庫などの冷所で保管しなくてはいけないものもあります。

Q5. お薬を飲み忘れてしまいました。どうしたらいいですか?

A5.

飲み忘れに気付いた時、基本的には飲み忘れに気付いた時点ですぐに服用しますが、次の服用時間が近い場合は、忘れた分は飛ばして次回から正しく服用して下さい。
次の服用時に2回分をまとめて飲んだりしてはいけません。

Q6. 坐薬の上手な入れ方を教えてください。

A6.

  1. 使用前に手を洗って下さい。
  2. 坐薬を包装から取り出し、坐薬を指先またはティッシュペーパーなどでつまみ、とがった方から肛門内に十分押し込んでください。
  3. 入れたあとしばらくの間、肛門を押さえておきます。
    ポイント : 坐薬を入れるときは中腰になって肛門内に押し込み、立ち上がるようにすると簡単に入ります。
    座薬解説
  4. 坐薬が外に出ないようにするため、挿入後しばらくは運動を控えて下さい。
    ※ 便秘用の坐薬以外はなるべく排便後に使用して下さい。

Q7. 目薬の上手なさし方を教えてください。

A7.

  1. 頭をうしろに傾け、中指で下まぶたを下に軽く引きます。(アカンベーをするように)
  2. 下まぶたの上に点眼します。点眼する量は1~2滴で十分です。
    (注)目薬を清潔に保つために、容器の先端を手でさわったり、まぶたやまつげに触れないよう注意してください。
  3. 点眼後は静かにまぶたを閉じ、まばたきをしないで1~2分間目を閉じていてください。軽く目頭を押さえるのも効果的です。
  4. 2種類以上の点眼薬をさす場合は、3~5分程度の間隔をあけて、次の点眼薬を使用してください。

薬剤部メニュー薬剤部トップ

部門のご案内へ戻る