QI指標

  1. ホーム
  2. 浜の町病院について
  3. 診療実績
  4. QI指標

QI指標

患者満足度 外来のグラフ
患者満足度 入院のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 「この病院について総合的にはどう思われますか?」の設問に満足と回答した外来・入院患者数
分母 患者満足度調査に回答した退院患者数

指標の説明

当院の外来へ通院されている患者さん、入院中の患者さんへ当院に対する満足度のアンケート調査を行った結果です。より充実した医療サービスを提供するための重要な指針となります。


死亡退院患者率のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 死亡退院患者数
分母 退院患者数

指標の説明

死亡退院率は低い方が良いとされますが、入院患者の重症度等が病院で異なるためあくまで目安の数値となります。


入院患者の転倒・転落発生率のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 医療安全管理室へインシデント・アクシデントレポートが提出された転倒・転落件数
分母 入院延べ患者数

指標の説明

入院中の患者の転倒やベッドからの転落は少なくありません。原因としては、入院という環境の変化に よるものや疾患そのもの、治療・手術などによる身体的なものなどさまざまなリスク要因があります。転倒・ 転落を完全に予防することは困難ですが、その発生を可能な限り防ぐために、リスクを把握して予防に取り 組んでいます。
分母を入院延べ患者数、分子を医療安全管理室への転倒転落報告件数として計算しています。分子には、介助時および複数回の転倒・転落を含みますが、入院患者以外の 転倒・転落件数は除外しています。


褥瘡発生率のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 調査期間における分母対象患者のうち、d2※以上の褥瘡の院内新規発生患者
分母 入院延べ患者数

※d2 Depth(深さ)を表す分類。d2は真皮までの損傷に区分される。

指標の説明

褥瘡(いわゆる床ずれ)は、看護ケアの質評価の重要な指標の1つとなっています。褥瘡は患者のQOL(生活の質)の低下をきたすとともに、感染を引き起こすなど治癒が長期に及ぶことにより、結果的に在院日数の長期化や医療費の増大にもつながります。その為、褥瘡予防対策は、提供する医療の重要な項目の1つにとらえられています。
当院はいわゆる床ずれと医療機器の使用中に圧迫され発生した創傷(医療関連機器圧迫創傷)も褥瘡に含め集計しております。


尿道留置カテーテル使用率のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 尿道留置カテーテルが挿入されている入院延べ患者数
分母 入院延べ患者数

指標の説明

尿路感染症は医療関連感染の約40%を占め、そのうち80%が尿道留置カテーテル器具の使用に起因しています。不必要に挿入されていないか確認するために、入院患者にどのくらい尿道留置カテーテルが使用されているかみています。


救急車・ホットラインの応需率のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 救急車で来院した患者数
分母 救急車受け入れ要請件数

指標の説明

救急受け入れ要請があったうち、当院で受け入れを行った割合です。救急医療の機能を測る指標となっています。


予防的抗菌薬投与率のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 手術開始前1時間以内に予防的抗菌薬が投与開始された手術件数
分母 特定術式の手術件数

指標の説明

手術1時間前に適切に抗菌薬を投与することで手術部位感染を予防できる可能性が高くなります。感染が予防できれば入院期間の延長や医療費の増大を防げます。当院における対象手術は大腸手術、人工関節(膝関節、股関節)手術、子宮全摘除術です。


予防的抗菌薬投与停止率のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 術後24時間以内に予防的抗菌薬投与が停止された手術件数(冠動脈バイパス手術またはそのほかの心臓手術の場合48時間以内)
分母 特定術式の手術件数

指標の説明

手術後1時間前に適切に抗菌薬を投与することで手術部位の感染を予防できる可能性が高くなります。感染が予防できれば入院期間の延長や医療費の増大を防げます。また24時間を超えて投与しても効果に差はなく、長期間の投与はむしろ抗菌薬耐性菌の検出やそれらの耐性菌による術後感染のリスクが高くなります。当院における対象手術は大腸手術、人工関節(膝関節、股関節)手術、子宮全摘除術です。


退院後6週間以内の救急医療入院率のグラフ

計算方法

分子 退院後6週間以内の救急入院(救急医療入院)患者数
分母 退院患者数

指標の説明

退院後6週間以内に予定外の再入院となった患者の割合です。初回治療が不十分であったことも考えられますが、前回入院時の疾患と同一疾患での再入院とは限らないため因果関係の判断は難しい指標となっています。


急性心筋梗塞患者における入院時早期アスピリン投与割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち入院後2日以内にアスピリンが投与された患者数
分母 急性心筋梗塞で入院した患者数

指標の説明

アスピリンは血をサラサラにする薬で入院早期から使用することで、その後の治療をしやすくします。


急性心筋梗塞患者における退院時アスピリン投与割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、退院時にアスピリンが投与された患者数
分母 急性心筋梗塞で入院した患者数

指標の説明

血をサラサラにするアスピリンを長期に内服することで心筋梗塞の再発を予防します。


急性心筋梗塞患者における退院時βブロッカー投与割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、退院時にβブロッカーが投与された患者数
分母 急性心筋梗塞で入院した患者数

指標の説明

β遮断薬(ブロッカー)は心臓を保護する薬で心筋梗塞後の心不全や不整脈を予防します。

急性心筋梗塞患者における退院時スタチン投与割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、退院時にスタチンが投与された患者数
分母 急性心筋梗塞で入院した患者数

指標の説明

スタチンは動脈硬化を予防し血管を保護する薬で、バイアスピリンとは違った機序で再発を予防します。


急性心筋梗塞患者における退院時ACE阻害剤もしくはARB投与割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、退院時にACE阻害剤(ACEI)もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤(ARB)が投与された患者数
分母 急性心筋梗塞で入院した患者数

指標の説明

これらの薬は心臓保護作用があり、長期的に心不全の発症を予防する目的に用います。


急性心筋梗塞患者におけるACE阻害剤もしくはARB投与割合のグラフ

計算方法

分子 分母のうち、ACE阻害剤(ACEI)もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤(ARB)が投与された患者数
分母 急性心筋梗塞で入院した患者数

指標の説明

これらの薬は心臓保護作用があり、長期的に心不全の発症を予防する目的に用います。


急性心筋梗塞患者の来院後90分以内の初回PCI実施割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、来院後90分以内に手技を受けた患者数
分母 18歳以上の急性心筋梗塞でPCIを受けた患者数

指標の説明

急性心筋梗塞は心臓の栄養血管が詰まる病気で、できるだけ早く風船で広げる必要があります。早期に治療が可能であった場合です。


脳卒中患者のうち第2病日までに抗血栓療法を受けた患者の割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、第2病日までに抗血栓療法を受けた患者数
分母 脳梗塞かTIAと診断された18歳以上の入院患者数

指標の説明

発症4.5時間以内でないと投与できない薬剤や、発症48時間以内の脳血栓症に有用でありその間の投与では出血性合併症が少ないと言われている薬剤があります。いずれも治療開始時間が早いほど良好な転帰が期待できると言われています。


脳卒中患者のうち退院時抗血小板薬処方割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、退院時に抗血小板薬を処方された患者数
分母 脳梗塞かTIAと診断された18歳以上の入院患者数

指標の説明

非心原性脳梗塞の場合、抗血小板剤は脳梗塞の再発を有意に低減することが言われています。抗血小板剤内服の合併症として脳出血が挙げられますが、脳梗塞再発予防効果の方が脳出血発症率よりも高いと言われています。


脳卒中患者の退院時スタチン処方割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、退院時にスタチンが投与された患者数
分母 脳梗塞で入院した患者数

指標の説明

高コレステロール血症では脳梗塞の発症リスクが高くなると報告されています。そのため高脂血症治療薬であるスタチンが脳梗塞の発症予防には重要です。


心房細動を伴う脳卒中患者への退院時抗凝固薬処方割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、退院時に抗凝固薬を処方された患者数
分母 脳梗塞かTIAと診断され、かつ心房細動と診断された18歳以上の入院患者数

指標の説明

心房細動は脳梗塞発症のリスクを2~7倍高くします。しかも大梗塞および転帰不良例が多いと言われています。抗凝固薬の内服により脳梗塞の再発を抑制します。


脳梗塞における入院後早期リハビリテーション実施患者割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、入院後早期(3日以内)に脳血管リハビリテーションが行われた患者数
分母 脳梗塞で入院した患者数

指標の説明

早期リハビリを開始することにより深部静脈血栓症や肺炎、廃用性筋委縮の予防が可能であり、機能転帰の改善、日常生活動作の獲得などに有効と言われています。


喘息入院患者のうち吸入ステロイドを入院中に処方された割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、入院中に吸入抗炎症剤の処方を受けた患者数
分母 5歳以上の喘息患者のうち、喘息に関連した原因で入院した患者数

指標の説明

喘息急性期治療の基本であるステロイドは状態に応じて全身投与、吸入投与、あるいは併用投与を使い分けています。


入院中にステロイドの全身投与を受けた小児喘息患者の割合のグラフ

※グラフ中の全国平均値は一般社団法人日本病院会QIプロジェクト結果報告より引用

計算方法

分子 分母のうち、入院中にステロイドの全身投与(静注・経口)を受けた患者数
分母 2歳~15歳の喘息患者のうち、喘息に関連した原因で入院した患者数

指標の説明

入院を要する喘息発作で、急性期治療で要となるステロイドを中心とした治療を行っています。


輸血後感染症検査実施率のグラフ

計算方法

分子 輸血後感染症検査実施数
分母 輸血患者数

※各病院の取り組みですので、全国平均はありません。

指標の説明

わが国の輸血用血液製剤は、日本赤十字社で最高水準の検査を行い安全性が確認されたものですが、絶対ではなく、1年に1例ほどの輸血後肝炎の事例が見られます。そのため、輸血の際に混入した微量のウイルスを検出するために、輸血後3カ月をめどに検査(輸血後感染症検査)を実施します。
輸血後感染症検査は、厚生労働省からの推奨もあり、病院全体で様々な取り組みをして実施率向上に努めています。当院は安全な輸血療法を推進しています。


初診受付時間のご案内 schedule

平日(月~金) 8時30分~11時

上記以外の初診受付

  • 形成外科は月、水、金のみ
  • 整形外科は月、水、金のみ 8時30分~10時30分まで(火、木は11時まで)
  • 産婦人科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は水曜日休診
  • 眼科は火曜日休診
  • 乳腺外科は紹介状をお持ちの方のみ木曜13時~14時受付
    ☞二次検診(検診後の要精密検査)は月~金曜8時30分~11時受付
  • 産婦人科、皮膚科、整形外科、総合診療科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の受診時は必ず紹介状が必要です

※必ず保険証をご持参ください。

休診日

土・日・祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
※但し救急の患者さんは救急外来にて診療いたします。

面会時間

  • 平日(月~金)13時~19時
  • 土・日・祝日 11時~19時

新型コロナウイルス感染症対策のため原則面会禁止です。
荷物(洗濯物等)の受渡しが必要な場合は、平日、土、日、祝日とも13時~16時の間とさせていただきます。

お問い合わせ CONTACT

当院へのご意見・ご要望、その他ご不明な点はお問い合わせください。

ページのトップへ