緩和ケア

  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 当院のがん診療について
  4. 緩和ケア

緩和ケアとは

緩和ケアとは、身体や気持ちのつらさ、生活の気がかり、社会的な悩みなど、がんをはじめとする生命を脅かす病気に伴う、さまざまな苦痛を抱えた患者さんとそのご家族を支えていく医療・ケアの取組みです。

緩和ケアでは、患者さんの病気の原因やしくみよりも、その方の抱えるつらさに焦点をあてて支援を行います。つまり、病気の時期や状態にかかわらず、「つらさ」があれば、緩和ケアを受けることができます。

緩和ケアに関するよくある質問

Q. 緩和ケアの対象となる病気は?
A. がんをはじめとする、生命を脅かされる病気の方が対象です。

Q. どんな時期でも緩和ケアを受けられますか?
A. はい。病気と診断されたときから、治療をうけているとき、そしてもし治療そのものが困難となったとしても、緩和ケアを受けることができます。

Q. 緩和ケアは、末期にならないと受けられないのですか?
A. いいえ。病気が進行し、治癒が難しくなった方への対応も緩和ケアの大切な役割ですが、病気の時期やご病状にかかわらず、つらい症状や治療・療養の悩みについて相談できます。

Q. どんなことについて、緩和ケアを受けられますか?
A. 緩和ケアでは、さまざまな問題への支援を提供します。たとえば...

  • 痛みや吐き気、息苦しさなどの身体のつらい症状があるとき
  • 不安や焦燥感などの精神的なつらさを抱えたとき
  • 仕事を続けられるか心配、医療費の負担が大きいなどの経済的な悩みがあるとき
  • 生活に差し障りが生じて、治療への取り組みにも影響があるとき
  • 治療方針や療養の場所の選択に迷ったとき
  • 患者さんの病気が原因で、ご家族にも問題を生じたとき

医師、看護師のほかに、薬剤師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種が、さまざまな問題に対応します。必要に応じて、他の専門職や、院外の医療機関・事業所とも連携して問題の解決に取り組みます。

Q. 緩和ケアを受けたいと思ったときは、誰に声をかけたらいいですか?
A. お困りの時には、院内のさまざまな部署から緩和ケアチームへ取り次ぐことができます。まずは、主治医や病棟・外来の看護師、がん相談支援センターなどの、院内の医療者に、「緩和ケアについて相談したい」と声をかけてください。

浜の町病院の緩和ケア

当院の緩和ケアは、以下の活動から成り立っています。それぞれについての詳しい説明は、各ボタンを押して頂けるとご覧になれます。

初診受付時間のご案内 schedule

平日(月~金) 8時30分~11時

上記以外の初診受付

  • 形成外科は月、水、金のみ
  • 整形外科は月、水、金のみ 8時30分~10時30分まで(火、木は11時まで)
  • 産婦人科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は水曜日休診
  • 眼科は火曜日休診
  • 乳腺外科は紹介状をお持ちの方のみ木曜13時~14時受付
    ☞二次検診(検診後の要精密検査)は月~金曜8時30分~11時受付
  • 産婦人科、皮膚科、整形外科、総合診療科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の受診時は必ず紹介状が必要です

※必ず保険証をご持参ください。

休診日

土・日・祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
※但し救急の患者さんは救急外来にて診療いたします。

面会時間

  • 平日(月~金)13時~19時
  • 土・日・祝日 11時~19時

新型コロナウイルス感染症対策のため原則面会禁止です。
荷物(洗濯物等)の受渡しが必要な場合は、平日、土、日、祝日とも13時~16時の間とさせていただきます。

お問い合わせ CONTACT

当院へのご意見・ご要望、その他ご不明な点はお問い合わせください。

ページのトップへ