卵巣がん

  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 当院のがん診療について
  4. 部位別がん治療
  5. 卵巣がん

卵巣がんの症状は?

卵巣は骨盤内にある臓器で、卵巣に腫瘍ができても小さいうちは無症状のことが多いです。卵巣腫瘍が捻転したり破裂した場合には痛みを生じることがありますが、多くの場合では症状を伴いません。腫瘍が大きくなると骨盤の中に収まらなくなり、下腹部のしこりとして触知するようになります。お腹の中でがんの転移が起こると、腹水を生じて急速に腹囲が増大することがあります。

検査・診断

1.婦人科診察と超音波検査

卵巣腫瘍の大きさ、性状、周囲との癒着の有無を調べます。

2.画像診断

CT検査やMRI検査で腫瘍の性状(嚢胞性か充実性か、内溶液は液体か脂肪成分か血液成分かなど)を調べます。

3.腫瘍マーカー検査

腫瘍が産生する蛋白質を血液検査で測定します。しかし卵巣腫瘍の良悪性に関して腫瘍マーカー検査の精度は、さほど高くはありません。

治療法

手術療法が主体ですが、その他に化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法があります。病状に応じて、これらの治療法を選択します。

卵巣腫瘍はお腹の中に存在するので、そのままでは組織検査を行うことができません。手術で体の外へ摘出して初めて組織検査が可能となり、腫瘍の良悪性が判別できるようになります。卵巣がんが疑われる場合には、腫瘍を摘出して迅速組織検査を行い、手術中に良悪性を判断します。悪性腫瘍であれば、腹部の切開を延長して、がんとしての術式へ移行します。摘出した組織の病理検査によって組織型・進行期を診断し、必要に応じて適切な追加治療を選択します。

若年者の卵巣がんに対しては、妊孕能を温存した術式を選択することもあります。

初診受付時間のご案内 schedule

平日(月~金) 8時30分~11時

上記以外の初診受付

  • 形成外科は月、水、金のみ
  • 整形外科は月、水、金のみ 8時30分~10時30分まで(火、木は11時まで)
  • 産婦人科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は水曜日休診
  • 眼科は火曜日休診
  • 乳腺外科は紹介状をお持ちの方のみ木曜13時~14時受付
    ☞二次検診(検診後の要精密検査)は月~金曜8時30分~11時受付
  • 産婦人科、皮膚科、整形外科、総合診療科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の受診時は必ず紹介状が必要です

※必ず保険証をご持参ください。

休診日

土・日・祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
※但し救急の患者さんは救急外来にて診療いたします。

面会時間

  • 平日(月~金)13時~19時
  • 土・日・祝日 11時~19時

新型コロナウイルス感染症対策のため原則面会禁止です。
荷物(洗濯物等)の受渡しが必要な場合は、平日、土、日、祝日とも13時~16時の間とさせていただきます。

お問い合わせ CONTACT

当院へのご意見・ご要望、その他ご不明な点はお問い合わせください。

ページのトップへ