泌尿器科

  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 泌尿器科

泌尿器科 医長
小林 武

外来担当医師

午前

小林 武
待鳥 亜沙子
平 純一
応援医師

平 純一
待鳥亜沙子
小林 武

応援医師

待鳥 亜沙子
小林 武
平 純一

概要・特色

    • 泌尿器科への受診は「恥ずかしい!」「こんな症状で受診してよいのだろうか?」などと思われる方が多いです。しかし、受診を先延ばししたことで「もっと早く受診していれば...」と後悔される方もいます。我々は出来るだけ患者さんが嫌な思いをしないよう環境を整えております。是非、勇気をだして受診ください。 排尿障害から、尿管結石、感染症、悪性腫瘍など幅広く対応しております。

    悪性腫瘍

        • 前立腺癌:入院での前立腺針生検検査を行い診断します。 転移の無い場合、腹腔鏡下手術、放射線治療(重粒子線は紹介となります)を選択することができます。年齢や病状等によってホルモン治療を行います。
        • 腎癌 :開腹、腹腔鏡下腎摘除術を行い、サイズや部位によってはより低侵襲である腹腔鏡下部分切除を積極的に行っています。
        • 膀胱癌 :経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)で治療あるいは診断を行います。 浸潤性の膀胱癌に関しては標準治療が膀胱全摘となるため、開腹あるいは腹腔鏡下膀胱全摘除+尿路変更術を行います。ご高齢あるいは手術困難な方は化学療法併用放射線治療を選択することが可能です。
        • 腎盂・尿管癌:尿管鏡検査(細い内視鏡)や画像検査で診断し、転移がなければ腹腔鏡下手術を行います。化学療法等の全身治療に関しては腫瘍内科と連携を取り行っております。

    尿路結石

            腎・尿管結石に対して経尿道的腎尿管砕石術(TUL)を行っています。低侵襲な手術で細い内視鏡とレーザーを使用し治療を行います。

      hinyoukisikkan.jpg

      前立腺肥大症

            男性の排尿障害の原因として前立腺肥大症があります。治療として薬物あるいは内視鏡手術があり、当院では経尿道的前立腺切除術やより低侵襲であるレーザー蒸散術を行っています。
      初診受付時間のご案内 schedule

      平日(月~金) 8時30分~11時

      上記以外の初診受付

      • 形成外科は月、水、金のみ
      • 泌尿器科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
      • 整形外科は月、水、金のみ 8時30分~10時30分まで(火、木は11時まで)
      • 産婦人科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
      • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は水曜日休診
      • 眼科は火曜日休診
      • 乳腺外科は紹介状をお持ちの方のみ木曜13時~14時受付
        ☞二次検診(検診後の要精密検査)は月~金曜8時30分~11時受付
      • 産婦人科、皮膚科、整形外科、総合診療科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、呼吸器内科の受診時は必ず紹介状が必要です

      ※必ず保険証をご持参ください。

      休診日

      土・日・祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
      ※但し救急の患者さんは救急外来にて診療いたします。

      面会時間

      • 平日(月~金)13時~19時
      • 土・日・祝日 11時~19時

      新型コロナウイルス感染症対策のため原則面会禁止です。
      荷物(洗濯物等)の受渡しが必要な場合は、平日、土、日、祝日とも13時~16時の間とさせていただきます。

      お問い合わせ CONTACT

      当院へのご意見・ご要望、その他ご不明な点はお問い合わせください。

      ページのトップへ