多施設臨床試験への協力

  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 循環器内科
  5. 多施設臨床試験への協力

 近年新たな治療方法、治療薬の有効性を評価するために多くの多施設臨床試験が行われるようになってまいりました。当院循環器内科におきましても、多くのそれらの臨床試験に協力しております。その際に患者様のデータを使用させていただく場合がございます。データを使用する場合には、患者様のプライバシーには十分配慮し匿名化をいたしますので、個人が特定されることはございません。しかし、データの使用を希望されない場合にはお申し出いただければ使用いたしません。また、その際に患者様にその事で不利益が生じる事も一切ございません。

浜の町病院循環器内科が参加している臨床試験のご紹介

1.本邦における心血管インターベンションの実態調査(J-PCIJ-EVT)

 冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention;以下PCIとする)は、虚血性心疾患の治療法として重要な位置を占め、本法でも年間20万人に対して施行されていると想定されています。また、末梢動脈インターベンション(EndoVascular Treatment;以下EVTとする)も、閉塞性動脈硬化症をはじめ、腎動脈狭窄症、鎖骨下動脈狭窄症など症例は増加してきています。しかしながら、その実態を正確に把握できるデータは現存せず、年間施行症例数、術成功率、合併症発生率などを正確には把握できない現状です。

 本邦におけるPCI/EVTの全容を正確に把握し、データ収集、解析を行い、学問的な進展を図ることを目的に行います。また、PCI/EVTにおける今後の課題を明らかにし、その課題を解決するための方法を検討していくことで、さらにPCI/EVTが安全に行える治療として確立することができると考えられます。

研究概要はこちら(PDF:243KB)をクリックしてください。

2.カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)

 本邦において、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療は増加の一途をたどり、すでに年間5万例以上の手術がなされています。治療方法の発展に伴ってほぼすべての頻脈性不整脈が治療対象となり、いまや全国200を超える施設において日々の診療として行われています。ここまで発展してきたアブレーション治療ですが、実際の治療方法や結果に関する情報は一部の施設からの報告に限られており、日本全体でのリアルワールドの現状が把握されているとは言い難いです。今後さらに治療対象や症例数が拡大することを考慮しても、現時点から学会主導での全例レジストリを開始することの必要性が高まり、本プロジェクトを企画するに至りました。本プロジェクトによる研究成果は、医療従事者に対する有用なデータとなるのみならず、

 患者・行政・司法に対しても有用な情報となるものです。また、将来的にはアジア太平洋不整脈学会(APHRS)や欧州不整脈学会(EHRA)等とのデータベースに基づいたネットワーキングが可能となるとともに、JROAD-DPCなどの他のデータベースと合わせて研究を進めることで、カテーテルアブレーション治療のCost Effectivenessの算出等も可能になると考えられます。また、データの蓄積が進むことで合併症発生の予測等のPrecision Medicineに用いることができるデータになると考えられます。

 日本におけるカテーテルアブレーションの現状(施設数、術者数、疾患分類、合併症割合等)を把握することにより、カテーテルアブレーションの不整脈診療における有効性・有益性・安全性およびリスクを明らかにすることを目的とします。

研究概要はこちら(PDF:1.7MB)をクリックしてください。

3.レセプトおよびDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究(JROAD)

 レセプト、特定健診、DPCの情報を,熊本県急性心筋梗塞登録データベースの発症、診療情報のデータベースの情報と中核都市型医療圏における急性心筋梗塞診療、救急体制の実態調査を収集した地域医療機関、循環器発症、予後などの情報と組み合わせることにより、急性心筋梗塞、重症心不全の救急診療に関する大規模データベースを構築し、1)救急搬送時間の予後への影響、2)プロセス及びアウトカム指標による医療の質評価、3)医療費への影響を定量的に評価することを目的に、当院循環器内科に入院になった患者様のデータを使用させていただきます。

研究概要はこちら(PDF:785KB)をクリックしてください。

4.心不全医療の適正化に資するための全国規模データベースによるエビデンスの創出(J-ROADHF)

 人口の高齢化や高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に伴う冠動脈疾患の増加、さらに急性冠症候群に対する急性期治療成績の向上と普及に伴い、心不全患者が増加しています。今後ますます心不全患者は増加すると予想されており、わが国の疫学研究では、2030年には心不全患者が130万人を超えると予測されています。慢性心不全患者の多くは増悪による再入院を繰り返すため、医療上のみならず医療経済上の大きな課題としてとらえられています。このような傾向は、わが国を含む先進国ばかりでなく世界各国で懸念されており、「心不全パンデミック」として、その対策は喫緊の課題となっています。このような問題点を抱えている心不全診療に対して対策を講じるためには、現在の診療実態を、患者一人一人に提供されている医療の内容のみならず医療施設・地域ごとの視点から明らかにする必要があります。しかし、現状では基礎資料とすべき十分な全国規模の心不全医療データベースは存在しません。
 本研究の目標は、わが国の心不全の全国的な実態を反映するデータベースを構築し、その実態を明らかにするとともに医療の適切性を評価、患者さんの予後(入院や生存)を予測ための因子を同定することです。
 そのために当院循環器内科に2013年1月1日から12月31日に入院になった患者様のデータを使用させていただきます。

研究概要はこちら(PDF:317KB)をクリックしてください。

初診受付時間のご案内 schedule

平日(月~金) 8時30分~11時

上記以外の初診受付

  • 形成外科は月、水、金のみ
  • 泌尿器科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
  • 整形外科は月、水、金のみ 8時30分~10時30分まで(火、木は11時まで)
  • 産婦人科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は水曜日休診
  • 眼科は火曜日休診
  • 乳腺外科は紹介状をお持ちの方のみ木曜13時~14時受付
    ☞二次検診(検診後の要精密検査)は月~金曜8時30分~11時受付
  • 産婦人科、皮膚科、整形外科、総合診療科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、呼吸器内科の受診時は必ず紹介状が必要です

※必ず保険証をご持参ください。

休診日

土・日・祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
※但し救急の患者さんは救急外来にて診療いたします。

面会時間

  • 平日(月~金)13時~19時
  • 土・日・祝日 11時~19時

新型コロナウイルス感染症対策のため原則面会禁止です。
荷物(洗濯物等)の受渡しが必要な場合は、平日、土、日、祝日とも13時~16時の間とさせていただきます。

お問い合わせ CONTACT

当院へのご意見・ご要望、その他ご不明な点はお問い合わせください。

ページのトップへ