1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 乳腺・甲状腺外科

乳腺・甲状腺外科

副院長、乳腺センター長
中央手術部長
九州大学医学部 臨床教授

大城戸 政行

形成外科、腫瘍内科、放射線治療科と連携して、最新の標準的治療を提供します。

外来担当医師

午前

大城戸 政行 大城戸 政行 河野 博 田村 公二 田村 公二
高尾 由佳 河野 博      

午後(乳腺外来)

乳腺外来は木曜日13:00~14:00の受付です「紹介状」をお持ちになって受診して下さい。二次検診(検診後の要精密検査)は月~金曜午前に受診してください。

      大城戸 政行  

概要・特色

乳癌の標準的治療法には手術、放射線療法、ホルモン療法、化学療法、分子標的治療などがあります。このうち原発性乳癌の治療の基本となるのが手術及び薬物療法です。適応のある方には形成外科で乳房同時再建を行います。腫瘍が大きい場合、リンパ節転移がある場合、進行癌や炎症性乳癌の時は手術に先行して薬物療法を行うこともあります。乳癌の再発や転移の場合はそれまでの治療歴や再発・転移部位、ホルモン感受性・HER2などを参考に治療方針を決定します。

当院は日本乳癌学会認定施設、福岡県対ガン協会乳癌検診、精密検診施設に指定されており、マンモグラフィ、超音波、細胞診、針生検、ステレオガイド下マンモトーム生検、MRI、CTを駆使して各科と協同で診断を行い、また治療方針の決定については腫瘍内科、放射線科と連携し、患者さんと充分話し合いインフォームドコンセントのもと行っています。