脳動脈瘤の精密検査のご案内

  1. ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 脳神経外科
  5. 脳動脈瘤の精密検査のご案内

コンピューター断層撮影装置16列MDCT(マルチスライスCT)について

 当院では、最新鋭のコンピューター断層撮影装置16列MDCT(マルチスライスCT)を導入しております。マルチスライスCTは、1)脳の血管を立体的(三次元)的に見ることができ、脳血管撮影と同様かそれ以上の脳の血管の情報が得られ、2)通常の末梢静脈からの造影剤投与により脳血管撮影以上に安全にでき、しかも3)外来で検査できる等の利点をもっております。
 それで、脳神経外科と放射線科では脳動脈瘤でお困りの患者さん方に少しでもお役にたてればと、マルチスライスCTを用い脳動脈瘤の精密検査を行い始めました。この造影CTは、三次元の立体的血管描出が可能なため、MRA等で疑われた不明瞭な脳動脈瘤が本当に存在するのかどうか、またそれらの大きさや形を詳細に検討することが出来ます。(図:症例1,2,3)

左中大脳動脈瘤

左中大脳動脈瘤

前大脳動脈瘤

前大脳動脈瘤

前交通動脈瘤

前交通動脈瘤

無症候性脳動脈瘤について

 近年、診断機器の発達で無症候性(症状のない)脳動脈瘤が、脳ドックなどでしばしばみつかるようになりました。脳動脈瘤とは、血管の分岐部に血流が長期にあたることにより生じたいわゆる“血管のタンコブ”です。高血圧症の人などに多くみつかりますが、最近では家系的に発生しやすいということも分かってきました。未破裂で見つかった脳動脈瘤が破れる可能性はそれ程多くはありませんが、破裂するとくも膜下出血を生じます。初回出血で死亡される方は多くありませんが、再出血すると大半の方は死亡されます。そのようなわけで、未破裂脳動脈瘤は恐れられます。未破裂脳動脈瘤はいつ破れるのかが分からないことが問題です。それで、動脈瘤の形や大きさから破れやすさについて検討を加えるわけです。この脳動脈瘤精密検査にコンピューター断層撮影装置16列MDCT(マルチスライスCT)が大変役立ちます。(図:症例4,5,6)

右内頚動脈瘤

右内頚動脈瘤

左中大脳動脈瘤

左中大脳動脈瘤

左中大脳動脈瘤(2個)

左中大脳動脈瘤(2個)

初診受付時間のご案内 schedule

平日(月~金) 8時30分~11時

上記以外の初診受付

  • 形成外科は月、水、金のみ
  • 整形外科は月、水、金のみ 8時30分~10時30分まで(火、木は11時まで)
  • 産婦人科は火、木のみ8時30分~10時30分まで(月、水、金は11時まで)
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科は水曜日休診
  • 眼科は火曜日休診
  • 乳腺外科は紹介状をお持ちの方のみ木曜13時~14時受付
    ☞二次検診(検診後の要精密検査)は月~金曜8時30分~11時受付
  • 産婦人科、皮膚科、整形外科、総合診療科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の受診時は必ず紹介状が必要です

※必ず保険証をご持参ください。

休診日

土・日・祝日 年末年始(12月29日~1月3日)
※但し救急の患者さんは救急外来にて診療いたします。

面会時間

  • 平日(月~金)13時~19時
  • 土・日・祝日 11時~19時

新型コロナウイルス感染症対策のため原則面会禁止です。
荷物(洗濯物等)の受渡しが必要な場合は、平日、土、日、祝日とも13時~16時の間とさせていただきます。

お問い合わせ CONTACT

当院へのご意見・ご要望、その他ご不明な点はお問い合わせください。

ページのトップへ